注文住宅で夢のマイホームを追及する方のための情報支援サイト

>

注文住宅の耐用年数を左右するもの

そもそも注文住宅とは何か

注文住宅について考えるに当たり、そもそも注文住宅とは何か理解しておきましょう。

基本的に注文住宅とは、土地探しを含めて、ゼロベースでハウスメーカー・工務店・設計事務所のいずれかに依頼して建築する住宅のことで、計画も居住予定者の意向を受けて、ゼロから進めていくことになります。

そのため、ベースとなる住宅が無い場合は、一層計画に時間を要しますし、土地に関しても居住予定者自身で探す算段を立てる必要があるなど、居住予定者が担う役割が非常に大きく、居住予定者に依る部分が少なからずあるのが、注文住宅のベーシックな特徴といえます。

以上の点を踏まえて、注文住宅に関して様々な角度から考察することで、注文住宅関連の理解を深めていきましょう。

注文住宅は自由度が高い

居住予定者の意向を反映する形で建築される注文住宅最大の売りは、その自由度の高さで、外観から内装、特定設備や庭・バルコニーの有無に至るまで、居住予定者のオーダーに応じて決定されます。

当然、居住予定者の意向の全てを反映させるとあれば、それなりの資金が求められますし、建築後の住宅の居住感に関しても未知数です。

即ち、注文住宅の自由度の高さは、住宅の全てを左右してしまうことも同時に意味しているため、住宅の耐用年数にも少なからず影響を与えます。

よって、より自由度の高い注文住宅の建築には、居住予定者自身も相応の知識を持っていることが望ましいのです。

自由度の高さを生かした、ベストな注文住宅建築を目指すためにも、住宅や希望する設備等に関する基本知識はしっかりと押さえておくことを強くお勧めいたします。


この記事をシェアする